スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タロ 犬の介護(食事)

まだ自分の足で歩いているので介護ってほどでもないかもしれませんが、いろいろと解らなくて困ったことがあったので人に聞いたり本で調べたりネットで調べたりと結構大変だったので、ほかの方に少しでも参考になればと。
犬も性格とか症状が色々あるのでこういう時はこうって簡単にはいきません。

実は去年の10月に入ってからタロが全く食べなくなりました。
もともと気まぐれで食事を与えてもすぐに食べない犬で、気が向いたらいくらでも食べるし

「ドッグフードだけじゃ飽きるんだよな!何か他にないのか?肉とか魚とかチーズとか!」

って感じで2日位平気で食べない犬だったのですが、なにしろ老犬なので3日目には心配になりドッグフードを止めてお米と野菜、肉、魚等を煮込んだりして手作りフードに変更しました。
これは凄く喜んで食べたのですが2週間ほどでまた食べなくなり、その後も数日食べない日が続きました。

これは危険な状態では?
食べなくなると・・・なんでもいいから口にするものは食べさせろという事のようです。
犬用の餌はお店にあるので柔らかめのものは全部買ってきました。
肉も魚も今まで喜んで食べていたものも全然食べなくなりました。
食べやすいように細かくしてあげても見向きもしません。
ようやく食べてくれたのはおかかとカステラ、ツナ缶。

いや、それにしてもこのカステラとツナ缶を食べる時のもの凄い食いつき方は・・・
食欲ないわけじゃないんだ・・・好きなものだけ食べたいんだ。。。。

90代の祖母に
「タロが好きな物しか食べなくなった」
と言ったら
「当たり前だ、この歳で不味いものなんて食べたくない」
と言われました。そうだよね~。

でも、カステラとツナ缶だけじゃ栄養がうまく取れないので、介護食(流動食)にしました。
タロ(犬)ごはん流動食
今まで食べていたドライフード(ペディグリーチャム・サイエンスヒル等)とにぼしを粉末にし野菜(キャベツ・人参・ブロッコリー・リンゴ他)と犬用栄養剤を混ぜてペースト状にして与えます。
このままじゃ食べてくれないので
注入器 犬の介護用
これに入れます。
一回にこれに10回分。1日3回。
でもこれに詰めるのも洗うのも結構大変なのと、先を噛んであっという間にぼろぼろにしてしまうので
注入器 犬の介護用2
なんかいいのないかな~と思ってたら、これ。
犬の介護用3
老犬あすかの介護生活&みかん日記
さんのサイトで見つけました。
でもこれについてきた先では硬くて口を怪我しそうなので注入器に付いてきた水用の先を付けたらピッタリ!
犬の介護用4
で、こんな感じで。
タロ(犬)介護食
最初は嫌がって暴れたりするので、嫌がってるのに無理に食べさせるのどうなのかと思ってたのですが、容器に介護食詰めてたりすると寄ってくるんですよね。
要は痴呆と足が弱ってるせいで食事のときじっとしてられなくて動いてしまうので、押さえられるのが嫌なんですね。
食事には結構満足してるようです。
そして、これだけでは食べる楽しみがないので、介護食をちゃんと食べたら好きな物なんでも食べていいよ、と。
タロ(犬)おやつ
おやつは自分で食べられるんですね~。全く!
ただ目が悪いのでほとんど嗅覚に頼ってるので、おやつ入れてる食器にも噛みついて危ないので、食器はシリコンにしました。
介護食にしてから食欲が本当に凄くて食べ物の臭いに噛みついてくるので危険危険。
元気な頃は絶対に人を噛んだりしなかったのですが、最近は噛まれるんです!
前は手なんて絶対に噛まなかったのに、最近では食べ物の臭いがすると噛んで離さない。
あれ、これ違うなって思うと離すんですが、段々その時間が長くなってきてて、
歯も大分弱ってるのに噛まれると痺れるくらい痛い。とほほ・・・
タロ(犬)食後
ごちそうさま~。

そういえば、食欲があるので気が付かなかったのですが、飼い主失格で。
タロはずっとドライフードでそれしか食べなかったんですが、歯が弱っててもちゃんと食べてたから安心してたんですけど、ダメだったんですね。
歯が弱ってるから丸のみ状態だったみたいで、ちゃんと消化吸収できてなかったようなんです。
それで体弱って食べなくなったようなんですね。
老化と痴呆のせいだとばっかり思ってて、食欲があるから大丈夫と思ってました。
介護食にしてからみるみる元気になってきて、去年の今頃より調子が良さそうなんです。
去年の今頃は、もう何にも興味無いって感じで、私の顔も見なかったのですが、最近は私の顔じーっと見てたりするんです。耳も悪いので呼んでも解らなかったのですが、最近は時々振り向いたりして。
まあ、日々体調が違うのでその日にもよるんですが。

去年はタロの介護に明け暮れた一年でした。
きっと今年もそうでしょう。
タロの介護で全然出かける事も出来ませんが、タロには毎日笑わせられてます。
毎日いろいろやってくれます。教えませんけど。


それでは、今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。