スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タロ 犬の介護(徘徊)

あけましておめでとうございます。

全然更新してないのですが、タロは元気です。
最近寒くなったので全然外に出てないので、会う人ごとに「タロどうした?」って心配されるんですね
毎日元気に家の中でトレーニング(徘徊)しています。

いや、本当に。
徘徊するときの真剣な眼差しは、あれはタロのトレーニングなんですね。
最初徘徊が始まったときは不安でしたが、これは目が悪くなって外が歩きにくくなったタロが、これではいかんと自分なりにトレーニングを始めたんだなと。
目が悪くなってからは何か目安がないと不安で歩けないようで、外に出てもほとんど動かなくなってしまったのです。
家の中では壁伝いに歩けるので、今では一日何十週もリビングを徘徊。
その量とスピードはかなりのもので、散歩してた時と同じ距離くらいは歩いてるんじゃないでしょうか。

ただ、足腰はかなり弱ってるので、その日によってはふらふらして倒れてしまうこともあるので目が離せません。
タロ(犬)徘徊


すぐに自分で起き上れる時と、痛かったのか倒れたことにショックを受けたのか凄い声で泣き出す時があります。
起こしてやるとまた歩き出すんですけどね。
だいたい3~4時間徘徊すると意識朦朧としてくるので、タロ用のお布団にコロンと転がしてやると早いときには2~3秒で寝ます。
夏ごろは徘徊で疲れて眠くなると行き倒れ状態で寝るので、そのあと布団に運んでたのですが最近は自分で寝なくなりました。寝せてくれ!って感じで。
タロ(犬)寝姿
寒くなると調子が悪くなるので冬になってからはタロの寝床はストーブの前。
最近は必ず前足を頭の下にしています。なんででしょう?

だいたい朝7時~8時頃起きてごはん
昼11時頃寝て14時~15時起きてごはん
夜19時~20時頃ごはん 23時頃寝るパターンがこの数か月つづいてたのですが、最近変わってきてしまって夜中に起きるようになってしいました。
おかげで寝不足が続いています・・・

犬の老化は人間の何倍も速いそうで、最近は特に数か月単位で生活パターンや健康状態等が変わってくるので、その変化が具合が悪いのか老化のせいなのか見分けるのが難しいです。

スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。