スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タロの介護

タロの介護生活について書いておこうと思います。
老犬を介護している方の参考になれば。

2011年の暮ぐらいからお医者さんのお世話になるようになりました。
今までほとんどお医者さんのお世話になる事もなかった手のかからないタロでしたが、お世話になるようになったら結構毎週のように往診してもらってました。

最初は夜寝てくれないのが続いて困っていると、犬用の睡眠薬あるよと教えてもらったので相談しました。
なるべく昼間起こしておこうと思っても一度寝たら絶対起きない!
鼻の穴に指突っ込んでも、唇ビロビロしても、肉球に指突っ込んでも全然起きない!
老犬は昼夜逆転するそうです。
この分では介護している方が先に死ぬと思い相談すると副作用の少ない睡眠薬を2種類出していただきました。
が、残念ながらタロには合いませんでした。
睡眠薬はなかなか合わないことが多いそうです。
副作用があるのは困るので結局あきらめました。

歩くときにやたら鳴くようになったので、最初は痴呆かなと思っていたら足の怪我でした。
秋頃車椅子で外を歩いた時に、後ろ足ちょっと変な風に捻って歩いていたので足の横の処が擦れてしまっていたのでちょっと消毒して包帯巻いていました。
大したことなかったので今までなら直ぐに治ってたはずが、気が付くと5mm位の穴が!骨が見えてる!
床ずれのような感じらしいです。
床ずれ治りにくいとは聞いていましたが4か月もかかりました。
免疫力もかなり低下しているようです。
車椅子に乗っていると足が浮腫むようになったので、まめに乗せたり降ろしたりして足もマッサージが欠かせなくなりました。

2012年の2月頃から補助具で歩く事も出来なくなり完全に車椅子になりました。
それでも車椅子で歩くコツを覚えたようでルンルンして歩いてましたが。

動物は自分で動けなくなったとき自分の死期を悟るようです。
一時期足が悪くなって歩けなくなってきたときは顔にも生気が無くボーっとしてました。
今、車椅子で歩けると解ると顔つきが全然違います。
目の輝きが違うんです。

一度脱水症状のようになってしまいました。
老犬はなりやすいので、こまめに水分補給が必要だそうです。
水を飲ませようとして目の前に水を持って行っても気が付かないことが多くなったので100均で蜂蜜の容器を買ってきてそれに水を入れて口の横から差し込んで水を口に入れてやると飲むようになりました。
食後に口を洗ったり、よだれが凄く粘つくようになっていたので口の中洗ったり。
よだれが鼻の方へ逆流して苦しいようなので鼻も洗うようにしました。

車椅子の時は車椅子に尿漏れパットを敷いて使ってました。
タロは最後までずっと人間用の尿漏れパット使ってました。
いろいろ試行錯誤しましたが、尿漏れパットが一番使いやすかったです。
人間用の方が吸収率がいいそうです。
便秘は一度大変な目にあったので夜寝る前に必ずお尻をマッサージしてうんち出してました。
コットンにオイル付けて揉むと出るんですよ。

車椅子で歩けるようになって今度はやたら「歩きすぎる」ようになってしまいました。
興奮状態で、ゼイゼイいいながら歩いてるので休ませようとしても休んでくれません。
脳が興奮状態になっているようで、これも痴呆の症状のようです。
興奮をおちつかせる薬を処方してもらいました。
これがタロには合っていたようで、夜寝てくれるようになりました。

それでも4月の中頃発作を起こしてしまいそれからはあっと言う間に体が衰えていきました。
発作を抑える薬はタロには強すぎたようで一日中ぼーっとしてしまうので、これではあまりに可愛そうで発作が起きそうになったときに座薬で対応するようにしました。
足の力もどんどん衰えて、最後の2週間ほどはほとんど自分の力では車椅子でも動けない状態でした。
それでも後ろ足をバタバタさせるので、車椅子を引っ張って動かしてやると満足そうにしていました。
動いていると嬉しいようです。
「ちょっとトイレ行ってくるから待って」と車椅子から離れると怒って後ろ足をドンドン踏み鳴らすんです。

何度か危ないときがありましたが最後は発作と言うよりも老衰のような感じでした。
下痢をしてしまい、下痢はかなり体が弱ると聞いていたのでかなり焦りました。
食欲もなくなって心配しましたが翌日には食べたので大丈夫と思ってしまいました。
あの時お医者さんに来てもらっていればと今も思うのですが。
夕方にまた様子がおかしくなり足がとても冷たくなっていました。
気が付くとおしっこも出ていません。水も飲まなくなり苦しそうに息をしていました。
土曜日の夜で翌日は病院も休み。
月曜の朝直ぐに来てもらうようお願いしましたが、日曜の昼頃力尽きました。
すぐそばにいたのに全然気が付かないほど静かに息を引き取りました。
今まで何度ももうダメかもと思う事はありましたが、この時は不思議と大丈夫と思ってました。
タロの目が最後までしっかりとしていたからだと思います。

いろいろ後悔することもありますが、これ以上はタロも辛かったかなとも思います。
動物は何も話してくれないのでいつもこれで良かったのかどうか悩みながらの介護でした。

スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ありがとう。タロ。

タロはお星さまになりました。

タロ、本当に今までありがとう。



今まで本当によくがんばったね。
もう少しで19歳だったね。

ありがとうね。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

タロ 犬の介護 車椅子

春頃から自力で起き上ることができなくなり、寝ていることが多くなりました。
寝たきりになる?
困ったな~ タロはどういうわけか右を下にしないと寝ないんです。
去年くらいから段々そうなってきて、左側痛いんだろうかと思って触っても別に嫌がらないし。
歩く時も右側の壁に寄りかかって歩きます。
無理に左側を下にして寝かせると、自力で起き上れないはずなのに飛び起きます((+_+))
もっとも立ってはいられないんですが。

寝返りをさせられない。床ずれするし。これは困った。
何より寝たきりなんて本人が嫌だろうし。
(私だって自分が寝たきりなんて嫌だ)

で、買いましたよ。

犬用車椅子!← 私はこちらで買いました。

歩けなくなってからではダメらしいので急いで探しました。
タロ 車椅子1

タロ 車椅子2
見た目結構凄いですが。
私も最初は
「これはお腹が苦しいんでは?30分が限界かな?」
と思ったのですが、これがタロは結構気に入ってしまって。
最初は全然歩いてくれなくて、ベッド状態でした。
これでずーっと寝てるんです。
苦しくないのかなと思うんですが、布団に横になって寝てるより体が楽らしくおろして布団に寝せると嫌がったりします。
そして寝起きはなかなか歩けないんですが、しばらく車椅子に乗せておくと歩けるようになります。

秋ぐらいから自力で歩く事も出来なくなり、その頃から車椅子で歩くようになりました。
これに乗って1日数時間歩きます。
だんだんのってくるとスキップする感じでルンルン歩きます。
それも結構な速度で歩くのでついて歩くのが大変。
でも、家の中狭いので方向転換させてやらないといけないので、ずっとつきっきりです。

飽きてくると自分で歩くというので、おろして今度は上半身を支える介護用の補助具で歩かせます。
右の壁に寄りかかって、補助具で体を支えてあげて歩きます。
これはかなり重くって、5分ほどで汗が噴き出してくるほど。
でも、タロはこれでも一日数時間歩きます。
気が付いたら、最近寝なくなった?
すっごく元気になってきてるんです。
歩けないだけで体力が有り余ってるらしいんです。
昼も夜も夜中も!元気いっぱい!

なんか変な薬でもやってないか?お前・・・

去年の今頃に比べたら凄い元気。
去年の今頃は本当にもうだめかと思ったから。

食事も一時期は注射器のような容器に入れて食べさせてましたが、春頃から食欲もあるしもしかして・・・と
硬めに練ってやったら自分で食べられるように。
見えないので、スプーンで口に運んでやりながらですが。
もの凄い食欲なんです。
食事の時間が近づくと「ごはん~」とぐずり始め、ちょっと忙しくて遅くなると叫び始めます。
量が少ないわけではないと思う。
何しろ去年の今頃具合が悪くなってからは、『うんち』がちゃんと出てるか記録してるんですが、
もう一年以上毎日立派な『うんち』してますからね。

それでもタロももう18歳。おじいちゃんです。
まだまだ頑張ってよ!!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

タロ 犬の介護(食事)

まだ自分の足で歩いているので介護ってほどでもないかもしれませんが、いろいろと解らなくて困ったことがあったので人に聞いたり本で調べたりネットで調べたりと結構大変だったので、ほかの方に少しでも参考になればと。
犬も性格とか症状が色々あるのでこういう時はこうって簡単にはいきません。

実は去年の10月に入ってからタロが全く食べなくなりました。
もともと気まぐれで食事を与えてもすぐに食べない犬で、気が向いたらいくらでも食べるし

「ドッグフードだけじゃ飽きるんだよな!何か他にないのか?肉とか魚とかチーズとか!」

って感じで2日位平気で食べない犬だったのですが、なにしろ老犬なので3日目には心配になりドッグフードを止めてお米と野菜、肉、魚等を煮込んだりして手作りフードに変更しました。
これは凄く喜んで食べたのですが2週間ほどでまた食べなくなり、その後も数日食べない日が続きました。

これは危険な状態では?
食べなくなると・・・なんでもいいから口にするものは食べさせろという事のようです。
犬用の餌はお店にあるので柔らかめのものは全部買ってきました。
肉も魚も今まで喜んで食べていたものも全然食べなくなりました。
食べやすいように細かくしてあげても見向きもしません。
ようやく食べてくれたのはおかかとカステラ、ツナ缶。

いや、それにしてもこのカステラとツナ缶を食べる時のもの凄い食いつき方は・・・
食欲ないわけじゃないんだ・・・好きなものだけ食べたいんだ。。。。

90代の祖母に
「タロが好きな物しか食べなくなった」
と言ったら
「当たり前だ、この歳で不味いものなんて食べたくない」
と言われました。そうだよね~。

でも、カステラとツナ缶だけじゃ栄養がうまく取れないので、介護食(流動食)にしました。
タロ(犬)ごはん流動食
今まで食べていたドライフード(ペディグリーチャム・サイエンスヒル等)とにぼしを粉末にし野菜(キャベツ・人参・ブロッコリー・リンゴ他)と犬用栄養剤を混ぜてペースト状にして与えます。
このままじゃ食べてくれないので
注入器 犬の介護用
これに入れます。
一回にこれに10回分。1日3回。
でもこれに詰めるのも洗うのも結構大変なのと、先を噛んであっという間にぼろぼろにしてしまうので
注入器 犬の介護用2
なんかいいのないかな~と思ってたら、これ。
犬の介護用3
老犬あすかの介護生活&みかん日記
さんのサイトで見つけました。
でもこれについてきた先では硬くて口を怪我しそうなので注入器に付いてきた水用の先を付けたらピッタリ!
犬の介護用4
で、こんな感じで。
タロ(犬)介護食
最初は嫌がって暴れたりするので、嫌がってるのに無理に食べさせるのどうなのかと思ってたのですが、容器に介護食詰めてたりすると寄ってくるんですよね。
要は痴呆と足が弱ってるせいで食事のときじっとしてられなくて動いてしまうので、押さえられるのが嫌なんですね。
食事には結構満足してるようです。
そして、これだけでは食べる楽しみがないので、介護食をちゃんと食べたら好きな物なんでも食べていいよ、と。
タロ(犬)おやつ
おやつは自分で食べられるんですね~。全く!
ただ目が悪いのでほとんど嗅覚に頼ってるので、おやつ入れてる食器にも噛みついて危ないので、食器はシリコンにしました。
介護食にしてから食欲が本当に凄くて食べ物の臭いに噛みついてくるので危険危険。
元気な頃は絶対に人を噛んだりしなかったのですが、最近は噛まれるんです!
前は手なんて絶対に噛まなかったのに、最近では食べ物の臭いがすると噛んで離さない。
あれ、これ違うなって思うと離すんですが、段々その時間が長くなってきてて、
歯も大分弱ってるのに噛まれると痺れるくらい痛い。とほほ・・・
タロ(犬)食後
ごちそうさま~。

そういえば、食欲があるので気が付かなかったのですが、飼い主失格で。
タロはずっとドライフードでそれしか食べなかったんですが、歯が弱っててもちゃんと食べてたから安心してたんですけど、ダメだったんですね。
歯が弱ってるから丸のみ状態だったみたいで、ちゃんと消化吸収できてなかったようなんです。
それで体弱って食べなくなったようなんですね。
老化と痴呆のせいだとばっかり思ってて、食欲があるから大丈夫と思ってました。
介護食にしてからみるみる元気になってきて、去年の今頃より調子が良さそうなんです。
去年の今頃は、もう何にも興味無いって感じで、私の顔も見なかったのですが、最近は私の顔じーっと見てたりするんです。耳も悪いので呼んでも解らなかったのですが、最近は時々振り向いたりして。
まあ、日々体調が違うのでその日にもよるんですが。

去年はタロの介護に明け暮れた一年でした。
きっと今年もそうでしょう。
タロの介護で全然出かける事も出来ませんが、タロには毎日笑わせられてます。
毎日いろいろやってくれます。教えませんけど。


それでは、今年もよろしくお願いします。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

タロ 犬の介護(徘徊)

あけましておめでとうございます。

全然更新してないのですが、タロは元気です。
最近寒くなったので全然外に出てないので、会う人ごとに「タロどうした?」って心配されるんですね
毎日元気に家の中でトレーニング(徘徊)しています。

いや、本当に。
徘徊するときの真剣な眼差しは、あれはタロのトレーニングなんですね。
最初徘徊が始まったときは不安でしたが、これは目が悪くなって外が歩きにくくなったタロが、これではいかんと自分なりにトレーニングを始めたんだなと。
目が悪くなってからは何か目安がないと不安で歩けないようで、外に出てもほとんど動かなくなってしまったのです。
家の中では壁伝いに歩けるので、今では一日何十週もリビングを徘徊。
その量とスピードはかなりのもので、散歩してた時と同じ距離くらいは歩いてるんじゃないでしょうか。

ただ、足腰はかなり弱ってるので、その日によってはふらふらして倒れてしまうこともあるので目が離せません。
タロ(犬)徘徊


すぐに自分で起き上れる時と、痛かったのか倒れたことにショックを受けたのか凄い声で泣き出す時があります。
起こしてやるとまた歩き出すんですけどね。
だいたい3~4時間徘徊すると意識朦朧としてくるので、タロ用のお布団にコロンと転がしてやると早いときには2~3秒で寝ます。
夏ごろは徘徊で疲れて眠くなると行き倒れ状態で寝るので、そのあと布団に運んでたのですが最近は自分で寝なくなりました。寝せてくれ!って感じで。
タロ(犬)寝姿
寒くなると調子が悪くなるので冬になってからはタロの寝床はストーブの前。
最近は必ず前足を頭の下にしています。なんででしょう?

だいたい朝7時~8時頃起きてごはん
昼11時頃寝て14時~15時起きてごはん
夜19時~20時頃ごはん 23時頃寝るパターンがこの数か月つづいてたのですが、最近変わってきてしまって夜中に起きるようになってしいました。
おかげで寝不足が続いています・・・

犬の老化は人間の何倍も速いそうで、最近は特に数か月単位で生活パターンや健康状態等が変わってくるので、その変化が具合が悪いのか老化のせいなのか見分けるのが難しいです。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。